ドローン情報

ドローンって何?

ドローンは「無人航空機」特に日本では複数の回転翼(プロペラ)を持つ機体の総称です。
ニュースなどで、米軍のUVA「無人航空偵察機」等も種別的にはドローンです。
人が乗るように設計されていない又は人が乗って操縦するような構造でない航空機をドローンと言います
ラジコン飛行機・農薬散布用ラジコンヘリコプター等もドローンです。


ドローンは何処でも飛ばせる?

答えは「いいえ」
まずは、一番関わり合いの強い法律が「航空法」です。
航空法は日本の空を飛ぶすべての物体に関わる法律です。(平成27年9月一部改訂・同年12月10日より適応)
この法律改定により離陸重量(機体+バッテリー)200g以上の無人航空機に適応されます。

許可が必要な空域

  • 空港等の周辺(進入面など)
  • 地上又は海面より150mを超える高度の空域
  • 人口集中地区の上空(DID)

守るべき飛行ルール 

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること (夜間飛行)
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること (目視外飛行)
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと
  • 無人航空機から物を投下しないこと










200g以下のドローンは何処でも飛ばせる?

まず答えとして「いいえ」です。
航空法の第九章「無人航空機」第百三十二条(飛行禁止空域)第百三十二条の二(飛行の方法)に適用されないといって、飛行場の航空機進入面等へ無断で進入してよいものではありません。(航空法第99条
航空法以外にも、警察庁の「小型無人機飛行禁止法」は飛行重量の大小にかかわらず適応されます。
一般道での離着陸も道路交通法の道路占有に抵触恐れがあります。

ですので、いかに離陸重量が200g以下でも「安全と常識ある」運用をしましょうって事です。


トイドローンにご注意

航空法第132条・第132条の2に該当しない200g以下の機体で最近多いのが「FPV:ファーストパーソンビュウ」のカメラを搭載した機体が多く出まわっていますが、その多くが5GHz帯の電波を使っています。
この場合現在日本の法律(ココでは電波法)では、アマチュア無線又は3級陸上特殊無線の無線従事者免許を所持したうえ割当周波数での開局が必要です。ですが多くの市販品は5GHzWifiの周波数帯を使っており上空での使用は許可されていません「電波法に違反」しています。電波法では知らずに使っても違反です。

Q:技術適合マークが入って売っているから違反じゃないのでは?
A:「違反です」技適マークは操縦で使う2.4Ghzの無線装置に交付されたマークです。
  FPV5.8GHzとか5GHzWifiと書かれている時点で違反です。(説明書の詳細を確認)

Q:売る方が悪いのでは?
A:現在の電波法では、「売っても、買っても違反ではありません」
  5.8GHzのタイプでは電源を入れた時点で違反です。5GHzWifiの場合は室内で電源を入れるのは違反ではありませんが
  室内でも飛ばすと違反です(但し家自体が電波暗室:電波が漏れない状態なら合法)
  外で電源を入れた時点で一部(ほとんどと書きたい)は違反(5GHzWifiでW56に適合していれば地上なら合法)
  但し外で、地上から離れたら全て違反です。

この事により「子供に与えて電波法を侵させますか?犯罪者にさせますか?」一度考えてみてください。
当社ではこの様なご相談もお気軽にお問合せ下さい。


当WEBサイト運営である(FURUKAWA)では
禁止空域の人口集中地区上空の飛行
守るべき飛行ルールの1:夜間飛行・2:目視外飛行・3:安全距離をとれない飛行
上記の国土交通省 大阪航空局より日本全国での飛行許可を取得しています。(阪空運第15406号)

詳しくは当ホームページのお問合せよりお尋ねください。